« 高水三山・御岳渓谷・足腰強化養成歩歩歩ポ~ン:2016.6.19 | トップページ | [2]雨の久留米水天宮・久留米城址:2016.6.25 »

2016年7月 2日 (土)

[1]雨の大宰府天満宮・観世音寺:2016.6.24

6月24日から26日にかけて、家人と福岡県と熊本県を回りました。

旅の目的は、久留米に住む娘の新居を訪ねることと熊本の親戚の地震見舞いでしたが、旅の合間に大宰府の寺社と久留米の神社、そしてレストラン茅乃舎を訪ねました。

今回の歩歩歩ポ~ンは、24日と25日の福岡・久留米編を3回シリーズで特集します。

[1]雨の大宰府天満宮・観世音寺:2016.6.24
[2]雨の久留米水天宮・久留米城址:2016.6.25
[3]紫陽花の茅乃舎を訪ねて:2016.6.25


*熊本は25日に山鹿市の親戚、26日に熊本市の親戚を訪ねました。移動中の車窓から崩壊した熊本城や民家を見たときは息をのみました。カメラを向けることもできず、今回の特集からは割愛しました。…いつか復旧した阿蘇神社や熊本城を再訪したいと思います。それまで“がんばるけん くまもとけん”を応援します。

………………………………………………………………………………………………
[1]雨の大宰府天満宮・観世音寺

JAL307便は、梅雨前線の雲を抜って10時過ぎに福岡空港に着陸しました。早速、空港前でレンタカーを借り、久留米の途中に位置する大宰府に向かいました。
大宰府では、太宰府天満宮と観世音寺を訪ねる計画でした。
12時、西鉄太宰府駅で久留米から来た娘と合流し、参道を歩いて大宰府天満宮に参拝しました。

■大宰府天満宮・太鼓橋

Dsc02087_r

■太鼓橋から見た心字池

Dsc02088_r

*心字池の楠は、小さな羊歯と苔のベールを纏っていて神秘的でした。ふと欄干を見ると、擬宝珠に天神さま縁の「梅紋」が刻まれていました。

■太宰府天満宮・楼門

Dsc02089_r_2


*楼門は、慶長年間(1596-1615年)に秀吉に命じられた石田三成が再建した後、明治時代に火災で焼失、1914(大正3)年の再建です。楼門は、重層の入母屋造り、檜皮葺の二重門でした。

■大宰府天満宮・本殿①

Dsc02091_r

*太宰府天満宮は、京都の北野天満宮とともに菅原道真公(天神さま)を祀る全国約12,000社の総本宮です。

*本殿は、菅原道真公の墓所の上に造営されました。そして、現在の本殿は1591(天正19)年に小早川隆景が建てたものです。檜皮葺の屋根をもつ五間社流造で、正面には唐破風造の向拝を設けられていて、廻廊が前方の楼門まで伸びていました。

■大宰府天満宮・本殿②

Dsc02092_r

*本殿前の飛梅です。飛梅は道真公の左遷に伴い、京から大宰府に飛んできたという伝説があります。

太宰府天満宮の境内で最大の楠は、社務所の北側に立っているこの大楠(おおくす)です。

●大楠・説明板

Dsc02094_r



●大楠

Dsc02095_r

*ちょうど、巫女さんが本殿の方へ歩いてきました。人の背丈と比べると大楠の巨大さがわかります。

太宰府天満宮の参拝後、参道に戻り、梅ヶ枝餅を食べ、昼食を取りました。
そして、車で次の観世音寺に向かいました。

観世音寺は、天智天皇が母親の斉明天皇を弔うためにために発願され、80年後の聖武天皇・746(天平18)年に完成した九州を代表する寺院です。観世音寺は、創建当初は大伽藍でした。かつて「遠(とお)の朝廷(みかど)」と呼ばれた太宰府政庁の隣りに立つ観世音寺は、遠く離れた九州に大伽藍の寺院を造営し天皇の力を知らしめる目的もあったのでしょう。

■観世音寺・参道

Dsc02099_r

■観世音寺・講堂(本堂)①

Dsc02100_r

*現存する講堂は、1688(元禄元)年、福岡藩三代藩主・黒田光之による再建です。

■観世音寺・講堂(本堂)②

Dsc02101_r

●観世音寺・境内説明板

Dsc02102_r

雨の中、観世音寺の境内から西側に向かって歩くと、すぐに戒壇院の境内に出ました。

■戒壇院・惣門

Dsc02103_r

*観世音寺・戒壇院は西戒壇(さいかいだん)と呼ばれ、中央戒壇(東大寺)と東戒壇(下野薬師寺)とともに「天下の三戒壇」の一つでした。

■戒壇院・本堂

Dsc02104_r_2

*惣門から仰いだ戒壇院本堂です。手前の石は、山門跡の礎石です。

■戒壇院・本堂仏像

Dsc02105_r

*中央は留舎那仏座像、脇持は文殊菩薩と弥勒菩薩です。

…戒壇院の参拝後、再び観世音寺に戻りました。

■観世音寺・鐘楼

Dsc02107_r_2


*観世音寺の梵鐘は、京都の妙心寺の梵鐘、奈良当麻寺の梵鐘とともに日本最古(698年頃)の梵鐘だと言われています。約1300年前に鋳造され、観世音寺でならされていた時の音を道真公も聴いていたのでしょう…。

観世音寺の最後に、東側の宝蔵に向かいました。

●宝蔵・案内板

Dsc02110_r


*宝蔵の前に案内板がありました。宝蔵には平安時代から鎌倉時代にかけての仏像16体が展示されています(撮影禁止)。

…宝蔵の2階には、案内板のような三像【左から十一面観音立像(1069年造・像高498㎝)、馬頭観音立像(1128~31年造・像高503㎝)、不空羂索観音立像(1222年造・像高517㎝)】が並んでいました。
京都や奈良の寺院の様に、後世の戦火に巻き込まれず残された観世音寺の仏像は、稀有な存在だと思いました。

今日の歩歩歩数は、18,300歩でした。

[2]雨の久留米水天宮・久留米城址に続く

« 高水三山・御岳渓谷・足腰強化養成歩歩歩ポ~ン:2016.6.19 | トップページ | [2]雨の久留米水天宮・久留米城址:2016.6.25 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [1]雨の大宰府天満宮・観世音寺:2016.6.24:

« 高水三山・御岳渓谷・足腰強化養成歩歩歩ポ~ン:2016.6.19 | トップページ | [2]雨の久留米水天宮・久留米城址:2016.6.25 »