2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« [3]ほっこり音羽山・観音寺:3.10 | トップページ | 番外編・奈良古墳巡り:3.10 ‐茶臼山古墳・岩屋山古墳・牽牛子塚古墳・丸山古墳‐ »

2018年3月30日 (金)

[4]當麻寺・日本一のよもぎ餅とハルカス300:3.11

3月11日、奈良の旅の最終日は、懐かしい中将堂本舗と當麻寺(たいまでら)を訪ねることにしました。
*奈良・當麻寺:2014.5.3②   
http://momo2011.way-nifty.com/blog/2014/05/201454-6913.html 

近鉄奈良駅から10日と同じルート(大和西大寺駅→橿原神宮前駅経由)を利用して、当麻寺駅に向かいました。
9時15分に当麻寺駅着、まず当麻寺駅前の中将堂本舗に立ち寄り、名物のよもぎ餅を食べました。

●中将堂本舗・入口

Dsc06424_r

*暖簾が新しくなっていました。暖簾の「よもぎもち」の字色は、蓬色だったんですね。

●中将餅と煎茶

Dsc06427_r

*店に入ると、割烹着を着た店の人達(8名)が、出来立てのよもぎ餅を交代しながらテキパキと箱に詰め、包装してカウンターに並べていました。その流れるような一連の動きと立ち居振る舞いが素敵で、見惚れてしまいました。
**開店直後で店内の席も空いていたので、出来立ての中将餅と煎茶を注文して食べることにしました。
中将餅は、よもぎ餅を一口の大きさにして、牡丹の花びらを型どったものです。
店の口上通り、「よもぎの香りと甘味を押さえた独特のあんとの調和」を堪能しました。やはり、日本一のよもぎ餅です。

●二上山・河内飛鳥周辺MAP

Dsc06428_r_2

*MAPの位置関係が南北逆ですが、左側の当麻寺駅から西にまっすく延びる参道を歩いて、二上山の麓に広がる當麻寺に向かいました。

よもぎ餅の余韻を楽しみながら、當麻寺への参道を歩きました。
参道をのんびり歩くこと約1㎞、當麻寺の仁王門が見えてきました。

■當麻寺・仁王門(東大門)

Dsc06432_r

*當麻寺は7世紀の創建の寺院で、山号は二上山、法号は禅林寺です。

■當麻寺・東搭

Dsc06434_r

*當麻寺には、全国で唯一、天平時代の三重塔が東西に二基建っています。
東塔の前には、中之坊書院のこけら葺きの屋根(銅瓦葺き替え中)が黄金色に輝いていました。

■當麻寺・西搭①

Dsc06435_r

*護念院の奥に建つ西塔は、現在改修工事中でした。

■當麻寺・西搭②

Dsc06436_r

*西搭の5年に及ぶ大修理の様子が、ボードに貼られていました。

■當麻寺・本堂(曼荼羅堂)

Dsc06437_r

■當麻寺・講堂と二上山

Dsc06438_r

*手前の千仏院・長屋門の後ろが講堂、その奥が二上山(にじょうざん)・北(右)側の雄岳(517m)と南(左)側の雌岳(474m)です。
春や秋の彼岸の頃、山の辺の道沿いの小高い所から西を望むと、二上山の雄岳と雌岳の間に日が沈む
**のを見ることができます。
**室生寺・長谷寺・大神神社:2014.2.22 の「二上山に沈む夕日①②」参照

http://momo2011.way-nifty.com/blog/2014/02/2014222-5309.html

當麻寺を参拝した後、当麻寺駅に戻り、中将堂本舗でお土産用の中将餅(よもぎ餅)を買いました。

●中将堂本舗

Dsc06438_r2

…当麻寺駅で阿部野橋駅行きの電車を待つ間、長椅子の上に今回の旅で利用した「フリーきっぷ」を広げました。
*「奈良世界遺産フリーきっぷ」シリーズの一つです。
奈良に宿泊・利用区間内で近鉄線と奈良バスが3日間何度でも乗降でき、特定の寺社の割引もある切符です。

●「奈良世界遺産フリーきっぷ:奈良・斑鳩・吉野コース」

Dsc06439_r

*写真の上①、中央②、下③で利用する切符です。
①大阪難波~鶴橋・大阪阿部野橋・京都の近鉄電車発駅からフリー区間までの往復乗車券とフリー区間の乗車券
②奈良・斑鳩・吉野エリアの施設で利用できる割引特典
③奈良交通バス奈良・斑鳩・吉野エリア内フリー区間3日間乗り放題

●利用区間

Dsc06440_r

*今回利用した「奈良世界遺産フリーきっぷ:奈良・斑鳩・吉野コース」のフリー区間(赤色)です。
他に吉野地域を除いた「奈良世界遺産フリーきっぷ(1日・2日)」もあり、まさに奈良旅のウルトラ切符と言えます。

…近鉄南大阪線に乗り、阿部野橋(あべのばし)駅 に到着しました。ここでフリーきっぷが終わります。
*大阪市・阿部野橋駅から奈良県橿原市の橿原神宮前駅までを結ぶ近畿日本鉄道の鉄道路線です。


阿部野橋では、伊丹空港行きのリムジンバスの発車時間まで展望台・「ハルカス300」に昇ることにしました。

●SKY GARDEN 300①

Dsc06442_r

*SKY GARDEN 300は、58階にある天空庭園です。右上が60階の「天上回廊」、58~60階が「ハルカス300」展望台となっています。

●SKY GARDEN 300からの眺望①・望遠

Dsc06443_r_2

*中央左に通天閣(つうてんかく・塔高:地上108m)、高速道路の下が天王寺動物園が見えました。

●SKY GARDEN 300からの眺望②

Dsc06444_r

*北に広がる大阪市内を写しました。左下が天王寺動物園、左上には林立する梅田の高層ビルが見えました。また、中央の谷町筋を挟んで右手に四天王寺の伽藍**が確認できました。
**四天王寺式と言われる伽藍配置は、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一直線に並べ、それを回廊が囲む形式で、日本では最も古い建築様式の一つです。

●SKY GARDEN 300からの眺望③・望遠

Dsc06445_r

*②の右側のエリアを望遠で撮りました。写真の下が、建設中のあべのハルカスを見上げた四天王寺**
です。
一直線に並ぶ
四天王寺の伽藍がはっきり見え、中央の高層ビルの上には大阪城公園も確認できました。

**四天王寺:2013.8.3

http://momo2011.way-nifty.com/blog/2013/08/201383-313c.html

●SKY GARDEN 300②

Dsc06446_r

*58階の天空庭園からハルカスの東側を写しました。地上300mの屋上に、災害時・非常時用のヘリポートが設置されています。

●EDGE THE HARUKAS

Dsc06450_r

*60階の「天上回廊」の屋上で、断崖絶壁アトラクション「EDGE THE HARUKAS」**が実施されていました。
**2018年3月開始のアトラクションで、地上300mの最頂端部に長さ20m・幅約60cmのデッキの上を命綱を装着した人たちが歩いていました。
「専用のユニフォームとハーネス、安全ベルトを装着して約7分間、地上300mの断崖絶壁から真下を見下ろす」とのことですが、昔、十津川の吊り橋で高所恐怖症になった私には、歩いている人を見ただけで足が震えました。

●SKY GARDEN 300からの眺望④

Dsc06453_r

*SKY GARDEN 300内の男性トイレです。
ガラスの外は、あべのハルカスの南東側の風景ですが、窓側に近づかないように歩きました。

今日の歩歩歩数は17,025歩で、「早春の奈良・寺社巡り」3日間合の歩歩歩数は、69,085歩でした。

番外編・奈良古墳巡り:3.10
‐茶臼山古墳・岩屋山古墳・牽牛子塚古墳・丸山古墳‐ に続く

………………………………………………………………………………………………

« [3]ほっこり音羽山・観音寺:3.10 | トップページ | 番外編・奈良古墳巡り:3.10 ‐茶臼山古墳・岩屋山古墳・牽牛子塚古墳・丸山古墳‐ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [4]當麻寺・日本一のよもぎ餅とハルカス300:3.11:

« [3]ほっこり音羽山・観音寺:3.10 | トップページ | 番外編・奈良古墳巡り:3.10 ‐茶臼山古墳・岩屋山古墳・牽牛子塚古墳・丸山古墳‐ »