2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ●会津・桜巡り:2019.4.21‐[1]喜多方・日中線しだれ桜 | トップページ | ●[3]会津若松・石部桜 »

2019年4月30日 (火)

●[2]喜多方・蔵めぐり

日中線しだれ桜めぐりの帰り、市内の「ふれあい通り」を歩きました。
通りの蔵は、店蔵、蔵座敷、塗り蔵、酒蔵、味噌蔵、醤油蔵など多用途でした。また、外側も白漆喰、黒漆喰、レンガ、土壁と様々でした。

●鳴海屋
Dsc08231_r

*鳴海屋は、会津伝統の「御豆糖」の菓子店で、1624(寛永元)年創業の老舗です。


●旧甲斐家蔵住宅
Dsc08235_r
*旧甲斐家蔵住宅は、1923(大正12)年の建立です。店蔵の壁は、喜多方では珍しい黒漆喰の仕上げです。


●喜多方ラーメン・福島屋
Dsc08236_r
*旧甲斐家蔵住宅近くの福島屋で煮干中華を注文。あっさりした醤油味の美味しい喜多方ラーメンでした。


●吉の川酒造店
Dsc08237_r
*吉の川酒造店は、江戸時代から大正時代にかけて建てられた醸造蔵で、貯蔵蔵があります。 


●喜多方BAL

Dsc08238_r
*右側は、蔵を改装したスペイン居酒屋「喜多方BAL」です。


●冠木薬店・店蔵
Dsc08239_r

 左の店蔵には、「かぶき」と書かれていました。左側は、冠木薬店裏にある蔵です。

【おまけ】
会津若松⇔喜多方間で乗車したJR列車・気動車(ディーゼル)です。

●キハ40-534
Dsc08210_r 
*会津若松駅9時53分発⇒喜多方駅10時20分着のキハ40-534です。2両編成の車両は、花見客で超満員でした。


●AT-750形
Dsc08240_r

*喜多方駅12時27分発⇒会津若松駅12時44分着のJR快速AIZUマウントエクスプレス6号(2両編成)です。復路は、往路の約半分の時間で到着しました。

●[3]会津若松・石部桜に続く
…………………………………………………………………………………………

 

« ●会津・桜巡り:2019.4.21‐[1]喜多方・日中線しだれ桜 | トップページ | ●[3]会津若松・石部桜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ●会津・桜巡り:2019.4.21‐[1]喜多方・日中線しだれ桜 | トップページ | ●[3]会津若松・石部桜 »