« ●高尾山と冷え冷えジャンボかき氷①:2019.5.19 | トップページ | ●ホールカバーその45:2019.1、3:奄美市、白川村、府中市 »

2019年6月 1日 (土)

●高尾山と冷え冷えジャンボかき氷②

缶ビールで乾杯の後、おにぎりと春美茶屋名物のナメコ汁を食べました。

そして…、念願の冷え冷えジャンボかき氷の番です。

●ジャンボかき氷①
Dsc08367_r

*春美茶屋のジャンボかき氷です。かき氷は削りたてで、抹茶シロップとコンデンスミルクは未だかかっていません。。

●ジャンボかき氷②
Dsc08368_r

*てっぺんから抹茶シロップとコンデンスミルクをかけ、少しずつ食べていきました。

5回がけの最後の氷を食べ終わると、指先が紫色になっていました。

山頂でしばらく日光浴をして、冷え切った体を温めた後、14時に小仏城山を出発しました。

●高尾山展望台・14:47
Dsc08371_r

*今日も、高尾山展望台から富士山を観ることは叶いませんでしたが、大室山(奥右:1,588m)、神平山(奥中央:1,432m)、そして雲に隠れた蛭ヶ岳(奥左:1,673m)が確認出来ました。

高尾山展望台から、稲荷山コースと6号路を下り、麓を目指しました。

●6号路の路・15:07
Dsc08373_r

*沢沿いに下る6号路の路です。6号路沿いの森は、濃い緑の葉が茂った常緑樹の森でした。

●シャガの花・15:30
Dsc08376_r

*6号路の沢沿いには、シャガの群生地が数多く広がっています。4、5月は花の季節で、薄紫色の花弁に濃い紫と黄色の模様の花がいっせいに咲いていました。

●琵琶滝・15:40
Dsc08377_r

*琵琶滝は、蛇滝と並ぶ薬王院の水行道場です。お堂の左に見える滝が琵琶滝で、一般の人も入瀧指導のもとに入瀧修行ができるそうです。


●琵琶滝説明板
Dsc08379_r


●水行道場石碑・15:49
Dsc08381_r

*6号路の入口に出ました。脇に建つ石碑に「高尾山琵琶瀧水行道場」の銘が刻まれていました。


●高尾山・洗心地蔵尊・15:53
Dsc08383_r

*6号路と高尾山ケーブルカーの軌道の間に、赤い帽子を被った石地蔵が見えてきました。


●高尾山ケーブルカー・15:56
Dsc08384_r

*清滝駅に停車中のケーブルカー・あおば号です。車両は、日本一の急勾配31度18分を上る(下る)ため、大きな斜度の窓となっていました。


16時5分、高尾山口駅に到着。表高尾と裏高尾、そして登りと下りを繰り返えす変化に富んだコースを歩き、高尾山の奥深さを感じた山行でした。

今日の歩歩歩数は、28,100歩でした。

END

 

« ●高尾山と冷え冷えジャンボかき氷①:2019.5.19 | トップページ | ●ホールカバーその45:2019.1、3:奄美市、白川村、府中市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ●高尾山と冷え冷えジャンボかき氷①:2019.5.19 | トップページ | ●ホールカバーその45:2019.1、3:奄美市、白川村、府中市 »