« ●ホールカバーその48:2019.7、9:静岡県、兵庫県、鳥取県 | トップページ | 台風復旧祈願!三陸鉄道リアス線:2019.10.15 »

2019年10月14日 (月)

●ホールカバーその49:2019.9:岩手県、青森県

ホールカバーその49は、2019年9月に岩手県大船渡市、久慈市と青森県八戸市、三沢市、むつ市、東通村、六ケ所村、おいらせ町で出会ったホールを紹介します。
…………………………………………………………………………………………………………
【2019年9月22日】

●ホールカバー①:岩手県・大船渡市
Dsc08811_r
*三陸鉄道リアス線の出発地・盛駅前の道路で出会ったホールカバーです。
**カバーの中央には、太平洋に浮かぶ客船と空を飛ぶ市の鳥・ウミネコ、上部に市の花・ツバキがデザインされています。下部には、市章と「OFUNAT0-CITY-」の文字が入っている汚水管ホールカバーです。
[1]いざ北上!盛駅から宮古駅ヘ

●ホールカバー②・③:岩手県・大船渡市

Dsc08812_r

Dsc08819_r
*①の近くの歩道で出会ったポケモンのホールカバーです。カバー上部に「サイホーン」、下部に「🄫pokemon.」と「おおふなと」が書かれていました。
**三陸防災復興プロジェクト2019で、県内沿岸の13市町村の各1ヵ所にマンホール蓋が設置されました。それぞれマンホール蓋にデザインされているポケモンは、各市町村の景勝地や特産品からイメージしたもので、1つだけの特別なデザインとなっていて、駅や観光名所の周辺に設置されています。大船渡市のポケモン・キャラクターは、とげとげポケモンの「サイホーン」でした。

【おまけ】岩手県内 全13ヶ所のポケモンマンホール(ポケふた)
 Dsc08820_r

*出典:三陸防災復興プロジェクト2019
…………………………………………………………………………………………………………

【2019年9月23日】

●ホールカバー①:岩手県・久慈市
Dsc08916_r_20191014155501
*三陸鉄道リアス線のゴール・久慈駅のロータリーで出会ったホールカバーです。
**カバー全体に、旧久慈市の市木・イチョウの葉を配し、中央に旧市章、下に「おすい」の文字が入っている汚水管ホールカバーです。
[3]摂待駅からゴールの久慈駅ヘ

●ホールカバー②:岩手県・久慈市
Dsc08920_r
*①の近くの歩道で出会ったホールカバーです。
**このホールは、久慈市にある水族館「もぐらんぴあ」の応援団長である「さかなクン」のデザインです。 デザインは、サケの稚魚と成長した雌と雄の鮭が描かれています。周囲には「海が美しい久慈のまち水をきれいに」のメッセージと「久慈市 おすい」の文字が入った汚水管ホールカバーです。

●ホールカバー③:青森県・八戸市
Dsc08931_r_20191014155701
*八戸駅前のロータリーで出会ったホールカバーです。
**中心に八戸市の市章(「八」と「戸」を図案化した2文字と旧南部藩の「向鶴の紋」が図案化されています)、その周りに市の花・キクがデザインされた汚水管ホールカバーです。

●ホールカバー④:青森県・八戸市
Dsc08932_r_20191014155701
*③の近くの道路で出会ったホールカバーです。
**カバー全体はJIS規格に似た模様で、中央に八戸市の市章、下部に「汚水」の文字が入った汚水管ホールカバーです。

●ホールカバー⑤、⑥:青森県・八戸市

Dsc08933_r

Dsc08934_r
*③の近くの歩道で並んでいたカラーの小型ホールカバーです。
**⑤、⑥とも、民芸品の八幡馬(やわたうま)がデザイン(八幡馬が、⑤はピンク、⑥は白でした)されていて、下部に「八幡馬」と「八戸S.S(Sot SeaDの略)」の文字が入っている仕切弁です。

…………………………………………………………………………………………………………
【2019年9月24日】

●ホールカバー①:青森県・三沢市
Dsc08964_r
*青い森鉄道線・三沢駅前の車道で出会ったホールカバーです。
**中央に市の木・マツが描かれ、周囲に市の花・サツキがデザインされています。 上部に「MISAWA」の文字が入った汚水管ホールカバーです。

●ホールカバー②:青森県・むつ市
Dsc08986_r_20191014155801
*恐山から尻屋崎に向かう途中、 むつ市の道路上で出会ったホールカバーです。
**中央にむつ市の市章(ひらがなの「むつ」を図案化し、融和と飛躍発展を象徴したものです)、上部に市の鳥・オオハクチョウ、左右に市の木・ヒバ、下部に市の花・ハマナスがデザインされています。

●ホールカバー③:青森県・東通村
Dsc09008_r
*尻屋崎灯台前で出会ったホールカバーです。
**マンホールの中には地中送電線(電力ケーブル)が引かれていて、灯台の灯器に送電したいます。ホールの中央には「電」の字、下部には製品名「ICCHU 2K60」(「ICCHU」は、三重県桑名市にある株式会社「一中」でした)が入った送電線用マンホールカバーです。

【おまけ】
*尻屋崎灯台とホールカバー③
Dsc09007_r
[3]尻屋崎灯台と寒立馬

●ホールカバー⑤:青森県・東通村(ひがしどおりむら)
Dsc09017_r
*東通村(ひがしどおりむら)を走る太平洋岸沿いの国道338号線で出会ったホールです。
**カバーの右側に遡上するサケが描かれ、周りに顔が描かれたウニ、アワビ、イカ、コンブが並んでいます。下部には、「東通村」と「おすい」の文字が入った地域(尻屋、老部白糠、小田野沢地区の漁業集落排水下水道)の汚水管ホールカバーです。

●ホールカバー⑥:青森県・六ケ所村
Dsc09018_r

*六ケ所村役場前の国道338号線で出会ったホールです。 
**上部に六ケ所村の鳥・オジロワシ、下部には村の花・ニッコウキスゲ、右に村章が描かれています。周囲に村の木・マツが並んでいる汚水管マンホールカバーです。

●ホールカバー⑦:青森県・おいらせ町 
Dsc09021_r
*おいらせ町の国道338号線で出会ったホールカバーです。
**カバー全体に、おいらせ町の町の木・イチョウの木と葉が描かれ、右側に「お」「い」「ら」「せ」の字を繋いだ町章が配置されている汚水管マンホールカバーです。

END

« ●ホールカバーその48:2019.7、9:静岡県、兵庫県、鳥取県 | トップページ | 台風復旧祈願!三陸鉄道リアス線:2019.10.15 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ●ホールカバーその48:2019.7、9:静岡県、兵庫県、鳥取県 | トップページ | 台風復旧祈願!三陸鉄道リアス線:2019.10.15 »