« ●ホールカバーその61:2021.4・八王子市・福島市 | トップページ | 生田緑地バラ苑と桝形山散策:2021.5.10 »

2021年5月 5日 (水)

浅間山のムサシノキスゲ:2021.5.4

今回は、浅間山のムサシノキスゲ鑑賞歩歩歩ポ~ンです。

15時過ぎに家を出て、野川沿いをジョギング、大沢の里と野川公園を経てアメリカンスクール付近(7㎞地点)をゴールとしました。そこから西側にある多摩霊園に向かいました。

●大沢の里・こいのぼり

2_20210505145301
*水車小屋から、対岸の大沢の里・こいのぼりを写しました。

多磨霊園の東側から霊園内に入り、浅間山の登山口を目指しました。
*今回は、2013年1月に訪れた墓マイラー**ではなく、ショートカット目的で霊園内の東西に延びる道を利用しました。
**墓マイラーシリーズ①:多磨霊園

●浅間山・登山道

4_20210505145301 
*多磨霊園からきすげ橋に向かう登山道です。山裾から、なだらかな山道が続いています。

●浅間山・登山道分岐

5_20210505145301 
*多磨霊園ときすげ橋の分岐点・道標です。

●ムサシノキスゲ①

6_20210505145301
*分岐点・標識のすぐ側の樹林地で、第一・ムサシノキスゲ**を発見しました。
**ムサシノキスゲは、日本で浅間山にのみ自生するワスレグサ科の植物で、高原に生育するニッコウキスゲが温暖な低地に適応した変種と言われています。近年は、浅間山の北西斜面を中心に約1万5000株が生育されていて、花期は4月下旬~5月中旬の約2週間です。

●きすげ橋①

7_20210505145301
*浅間山通りに架かるきすげ橋(跨道橋)に出ました。欄干が西陽を受けて輝いています。

●きすげ橋②
8_20210505145301

*きすげ橋の欄干に、ムサシノキスゲのカラー・レリーフが設置されていました。

●浅間山公園案内図
9_20210505145301

*きすげ橋を渡った所に、浅間山公園案内図が設置されていました。ここから、直登で浅間山の山頂に向かいました。

●ムサシノキスゲの群生地①
10_20210505145301

*浅間山(堂山)の頂に着きました。山頂から北西側の斜面を見下ろすと、ムサシノキスゲの群生地が見えました。

群生地は立入禁止だったので、頂上から北斜面を下りて、すその道を廻ることにしました。

●ムサシノキスゲの群生地②
11_20210505145301

*すその道を下りながら、横から北西斜面のムサシノキスゲ群生地を写しました。

●ムサシノキスゲの群生地③
13_20210505145301 
*すその道を登り返すときに、北西斜面に広がるムサシノキスゲ群生地を写しました。

●ムサシノキスゲの群生地④
14_20210505145301
*斜面の木陰に、ムサシノキスゲがまとまって咲いていました。

●ムサシノキスゲの群生地⑤
16_20210505145401
*④の近くで写したムサシノキスゲです。満開の黄色い花も萌黄色の蕾も、西陽を受けて輝いていました。

●女坂
17_20210505145401 
*すその道から、堂山・山頂に向かう女坂を登りました。女坂の周りにも、ところどころにムサシノキスゲが咲いています。

●ムサシノキスゲ・説明板
18_20210505145401

●キンラン①
19_20210505145401

*女坂の周りには、キンランの花も咲いていました。

●キンラン②
20_20210505145401

*①の側で見たキンランの花です。ムサシノキスゲより少し薄いレモンイエローの可憐な花です。

●浅間山・山頂
21_20210505145401 
*浅間山(堂山)**の頂には、人見浅間山神社が鎮座していました。
**浅間山は、古多摩川などの河川で多摩の台地が削られ小高い山(堂山・中山・前山の3つの頂)として残ったもので、府中市で唯一の山です。
浅間山の雑木林は、戦時中から戦後にかけて荒廃し、ムサシノキスゲも消滅の危機にありましたが、1970(昭和45)年に都立公園となり、樹林地の整備や保全活動が40年以上行われています。

●山頂の二等三角点
22_20210505145401

*山頂に、二等三角点(標高・79.6m)が設置されていました。

■人見浅間神社①
23_20210505145401 
*山頂には、鳥居と人見浅間神社(ひとみせんげんじんじゃ)の石の祠がありました。御祭神は、木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)です。

■人見浅間神社②
24_20210505145401

*鳥居脇の説明板には、「浅間山(せんげんやま)浅間山は前山・中山・堂山の三つの小さな峰からなり、その名は堂山の頂に祀られている浅間神社に由来します。海抜80mで、周囲との高さの差は30mに過ぎませんが、周囲にさえぎるものがないため、眺望はなかなか良好です。 この浅間山は、地質的にみると、多摩川河岸の多摩丘陵と同じで、古多摩川やその他の河川により周囲がけずり取られ、ここだけが孤立丘として残ったものと考えられています。 また浅間山を中心に、その周辺に広がる人見ヶ原の地は、かつて南北朝時代の正平7年(1352)、足利尊氏と新田義興・義宗兄弟の軍が両朝の命運をかけてたたかった古戦場でもあり、都の旧跡に指定されています。 昭和60年1月 府中市教育委員会」と書かれていました。

●雑木林と萌芽更新・説明板
28

*堂山と中山の鞍部に、浅間山の樹林地の整備や保全活動の説明板が立っていました。

堂山から中山に向かい、前山を経て、麓の若松町に下りました。

●中山の尾根道
29

*中山の山頂付近にもムサシノキスゲの群生地がありました。

若松町から住宅地を歩き、京王電鉄・多摩霊園駅に向かいました。

●多摩霊園駅
33
*17時47分にゴールした多摩霊園駅です。西の空に、夕日が輝いていました。

今日のジョギング+ウォーキングの歩歩歩数は20,300歩でした。

END

« ●ホールカバーその61:2021.4・八王子市・福島市 | トップページ | 生田緑地バラ苑と桝形山散策:2021.5.10 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ●ホールカバーその61:2021.4・八王子市・福島市 | トップページ | 生田緑地バラ苑と桝形山散策:2021.5.10 »