« 穴澤天神社と小沢城址:2021.5.15 | トップページ | 深大寺城址と水生植物園:2021.6.18 »

2021年5月28日 (金)

●ホールカバーその62:2021.5・府中市・多摩区・狛江市

ホールカバーその62は、2021年5月に東京都府中市と川崎市多摩区、東京都狛江市のデザインマンホールを紹介します。
……………………………………………………
●ホールカバー①:府中市・5月4日
120210504
*浅間山でムサシノキスゲの花を観た後、麓の若松町を歩いているとき、住宅地の歩道で出会いました。
**ホールを4面に分けて、ブドウの房が凸凹で交互に描かれています。下部の左右に「ふちゅうし」と「ごうりゅう」の文字が書かれた小型の合流管ハンドホールカバーです。

●ホールカバー②
220210504

*京王電鉄・多摩霊園駅近くの歩道で出会いました。
**ホールを4面に分けて、府中市・市の木ケヤキが描かれています。 下部の左右に「ふちゅうし」と「うすい」の文字が書かれた雨水管ホールカバーです。

……………………………………………………
●ホールカバー①:川崎市多摩区・5月9日
10_20210528180701

*多摩水道橋から世田谷通りを経て、向ヶ丘遊園駅に向かう車道で出会いました。
**中央に市の花・ツツジが描かれ、周りには7つ(川崎市の7つの区:川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区・多摩区・麻生区を表しています)の市の木・ツバキを並べ、ツバキの花芯(円筒形の輪芯)に穴を開けています。上部に川崎市の市章★、下部には雨傘のマークがある雨水管ホールカバーです。

★川崎市・市章
11_20210528180701

*1925(大正14)年に制定された川崎市の市章は、川崎の川の字を表すだけでなく、市民の歴史とともに流れ続ける多摩川、そして多摩川と同じように発展する川崎を象徴しているそうです。

●ホールカバー②
12_20210528180701
*①から少し歩いた車道で出会いました。
**ホールの縁に、市の花・ツツジと市の木・ツバキが交互に描かれています。 三崩し(算木崩し)の地模様の上部に川崎市の旧シンボルマーク★、中央に「単口消火栓」、下部には「KAWASAKI CITY」の文字が書かれた黄色地のカラー消火栓ホールカバーです。

★ホールカバー②の拡大
13_20210528180701

*川崎市の旧シンボルマークは、1994(平成6)年に策定されました。生田緑地で縁のある岡本太郎氏の「太陽の塔」を連想させるデザインで、緑色の部分が「自然と安らぎ」、青色が「水とうるおい」、赤色は「情熱と芸術」、黄色が「温かいハート」を表しています。近年、残念なことに新しいシンボルマークに変わりましたが、マンホールには今後も残ってほしいと思います。

●ホールカバー③
14_20210528180801
*②のすぐ近くの車道で出会いました。
**②と同様のデザインで中央に「多拝空気弁」、下部には「KAWASAKI CITY」の文字が書かれた青地のカラー空気弁ホールカバーです。

●ホールカバー④
15_20210528180801
*向ヶ丘遊園駅北口近くの車道で出会いました。
**毘沙門亀甲地の左に川崎市章、右に「単口」「消火栓」の文字が書かれています。外周は黄色地に破線を2周した斜め分割式角型の消火栓ホールカバーです。

●ホールカバー⑤
16_20210528180801
*生田緑地バラ苑から生田緑地に向かう住宅地の坂道で出会いました。
**蜘蛛の巣の様に広がった地模様の中心に市章があり、その中に「下水」と書かれています。下部には「汚水」の文字もある汚水管ホールカバーです。

●ホールカバー⑥
17_20210528180801
*生田緑地東口のビジターセンター玄関前で出会いました。
**中央に川崎市章(市章の位置から左側が上になります)、市章の周りに市の花・ツツジが2重に描かれています。外周には「でんき」と「つうしん」と書かれた青地のカラー電気ホールカバーです。
……………………………………………………
●狛江市・5月23日

野川沿いをジョギングして小田急線・狛江駅前を通ったとき、「絵手紙のデザインマンホール」*に出会いました。
*絵手紙デザインマンホールは、2019年11月4日に写した「安安丸のデザインホール」**を2020年9月に撤去して設置されたとの事ですが、1年以上も気づかないまま走っていました。
**●ホールカバーその50:2019.10-11・東京都狛江市

狛江市のHPによると、日本絵手紙協会名誉会長で市内在住の小池氏がデザインした「絵手紙デザインマンホール」が、狛江駅北口と南口に15基設置されているです。
今回は、北口のロータリーに設置された8基を写しました。

●絵手紙デザインマンホール①:狛江市・5月23日
102

●絵手紙デザインマンホール②
101

●絵手紙デザインマンホール③
103

●絵手紙デザインマンホール④
105

●絵手紙デザインマンホール⑤
106

●絵手紙デザインマンホール⑥
107

●絵手紙デザインマンホール⑦
108

●絵手紙デザインマンホール⑧
109

狛江駅南口の路上にも7基あるとのこと、次のジョギング時にカバーしたいと思いました。

END

« 穴澤天神社と小沢城址:2021.5.15 | トップページ | 深大寺城址と水生植物園:2021.6.18 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 穴澤天神社と小沢城址:2021.5.15 | トップページ | 深大寺城址と水生植物園:2021.6.18 »