« 深大寺城址と水生植物園:2021.6.18 | トップページ | ●調布のオリンピック会場巡り&絶品かき氷店巡り [1]東京スタジアム・星星峡のかき氷・ロードレース会場:7.22 »

2021年6月25日 (金)

●ホールカバーその63:2021.6・狛江市、調布市

ホールカバーその63は、2021年6月に東京都狛江市と調布市のデザインマンホールです。
……………………………………………………
5月23日の狛江駅・北口に続き、6月1日、南口で「絵手紙デザインマンホール」に出会いました。
①から⑦までの「絵手紙デザインマンホール」は、南口のロータリーを囲むように設置された合流式マンホールでした。
*汚水と雨水を一本の下水道管(合流式) で処理する区域のマンホール。

●絵手紙デザインマンホール①
1_20210625192401

●絵手紙デザインマンホール②
2_20210625192401

●絵手紙デザインマンホール③
3_20210625192401

●絵手紙デザインマンホール④
4_20210625192401

●絵手紙デザインマンホール⑤
5_20210625192401

●絵手紙デザインマンホール⑥
6_20210625192401

●絵手紙デザインマンホール⑦
7_20210625192401

●「絵手紙発祥の地・狛江」大看板
8_20210625192401
*①~⑦を見て狛江駅北口に出ると、ロータリーの地下駐車場・排気塔に、市内在住の小池氏(絵手紙の元祖)がデザインした絵手紙の大看板がありました。看板には、絵手紙と「絵手紙発祥の地・狛江」と書かれていました。

今回で、15基(北口・8基、南口・7基)全ての「絵手紙デザインマンホール」に出会うことができました。
……………………………………………………
●ホールカバー①:調布市・6月21日
21_20210625192401
*調布市役所の知人にサクランボを届けた際、文化会館・たづくり前の歩道で出会いました。
**中央に、ちょうふの「ち」を図案化した市章を配し、周りに「防」、「火」、「水」、「槽」と「調布市」の文字が表記されています。外周は、黄色地に滑り止め用・水玉模様がデザインされた防火水槽用ホールカバーです。

●ホールカバー②
22_20210625192501
*①から10mほど歩いた交差点で出会いました。
**歩道と同じモノトーン・タイルのホールカバーの中央に、東京都のシンボル・銀杏マーク、周りを「CC」と「Box」の文字が表記された電線共同溝のホールカバーです。文化会館・たづくり前は、電信柱がないため、無電柱化のために電線共同溝を地下に設置しているのでしょう。
国土交通省のHP***によれば、「C.C.Box」の最初のCには、Community(地域・共同)・Communication(通信・伝達)・Compact(コンパクト)の3つの意味が込められていて、2番目のCは、Cable(ケーブル)を表しているそうです。次の「Box」で、『電線類のケーブルを入れる箱=電線共同溝』になります。
***国土交通省HP:ccbox

END
…………………………………………………………………………………………………………

« 深大寺城址と水生植物園:2021.6.18 | トップページ | ●調布のオリンピック会場巡り&絶品かき氷店巡り [1]東京スタジアム・星星峡のかき氷・ロードレース会場:7.22 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 深大寺城址と水生植物園:2021.6.18 | トップページ | ●調布のオリンピック会場巡り&絶品かき氷店巡り [1]東京スタジアム・星星峡のかき氷・ロードレース会場:7.22 »